のコンテキスト ケララ州

ケララ州(ケーララ州)(ケララしゅう、マラヤーラム語: കേരള、英語: Kerala)は、インドの州の一つであり、南インドを構成する州の一つに数えられる。東にタミル・ナードゥ州と接し、北にカルナータカ州と接する。州都はティルヴァナンタプラム、最大都市はコーチ。マラバール海岸によりインド洋に臨んでおり、西にはラクシャディープ諸島が、南にはモルディブの島々が、海の中に浮かんでいる。旧フランス領でポンディシェリ連邦直轄領の一部となっているマーヒが、ケララ州の一部を切り取るように存在している。

詳細について ケララ州

Population, Area & Driving side
  • 人口 33406061
  • 領域 38863
履歴
  •  
    ココナッツヤシ畑

    メソポタミアのシュメール時代から香辛料貿易の中心地として記録されている[1][2]。エジプト、フェニキア、中国、バビロニアなどの地方からの人々でにぎわいを見せた。

    8世紀の代表的な思想家としてシャンカラが出た。ケララはアーユルヴェーダの発祥の地としても知られる。

    1102年にチョーラ朝が北部に侵攻してチェーラ朝(英語版)が滅ぼされ、コーチン王国が興った。

    大航海時代の1498年にポルトガル人が訪れ上陸し、拠点を築いた。その後続いてオランダ、イギリス、フランスからも相次いで上陸し、象牙、チーク材、香辛料などを求めるヨーロッパ人との交易が開始され、今日は多文化共生となっている。ケララ州の沿岸はマラバール海岸と呼ばれコショウの原産地である。14世紀から17世紀まで多くの数学者や天文学者を生んだ(ケーララ学派、マーダヴァ)。マルコ・ポーロが上陸したのは、コバラム近くのマラバール海岸である。明朝の鄭和もカリカット(コーリコード)に来航し[3]、15世紀にはヴァスコ・ダ・ガマが上陸した[4]。古代イスラエルのソロモン王も船を寄せたとの伝説もある[5]。1661年、オランダ領マラバール(英語版)(1661年 – 1795年)が出来る。現在も海運業・造船業が盛んであり、インド初の国産空母ヴィクラントの建造もコーチの造船所が請け負っている。

    18世紀初頭、南部にトラヴァンコール王国(1729年 - 1947年)が建国された。

    1967年から1970年にかけてKunnikkal Narayanan(マラヤーラム語版)が毛沢東主義のナクサライト(英語版)(Naxalite)をケララ州で率いていた。

    1991年の湾岸戦争時にサッダーム・フセイン大統領を支持する人々が「サダム・ビーチ」という名前に変えた海岸の村がある。

    2018年のモンスーン時には、例年にない集中豪雨に見舞われ洪水のほか土砂災害が多数発生。州内で324人以上の死者を出したほか、31万人以上が避難を余儀なくされた[6]。

    ...続きを読む
     
    ココナッツヤシ畑

    メソポタミアのシュメール時代から香辛料貿易の中心地として記録されている[1][2]。エジプト、フェニキア、中国、バビロニアなどの地方からの人々でにぎわいを見せた。

    8世紀の代表的な思想家としてシャンカラが出た。ケララはアーユルヴェーダの発祥の地としても知られる。

    1102年にチョーラ朝が北部に侵攻してチェーラ朝(英語版)が滅ぼされ、コーチン王国が興った。

    大航海時代の1498年にポルトガル人が訪れ上陸し、拠点を築いた。その後続いてオランダ、イギリス、フランスからも相次いで上陸し、象牙、チーク材、香辛料などを求めるヨーロッパ人との交易が開始され、今日は多文化共生となっている。ケララ州の沿岸はマラバール海岸と呼ばれコショウの原産地である。14世紀から17世紀まで多くの数学者や天文学者を生んだ(ケーララ学派、マーダヴァ)。マルコ・ポーロが上陸したのは、コバラム近くのマラバール海岸である。明朝の鄭和もカリカット(コーリコード)に来航し[3]、15世紀にはヴァスコ・ダ・ガマが上陸した[4]。古代イスラエルのソロモン王も船を寄せたとの伝説もある[5]。1661年、オランダ領マラバール(英語版)(1661年 – 1795年)が出来る。現在も海運業・造船業が盛んであり、インド初の国産空母ヴィクラントの建造もコーチの造船所が請け負っている。

    18世紀初頭、南部にトラヴァンコール王国(1729年 - 1947年)が建国された。

    1967年から1970年にかけてKunnikkal Narayanan(マラヤーラム語版)が毛沢東主義のナクサライト(英語版)(Naxalite)をケララ州で率いていた。

    1991年の湾岸戦争時にサッダーム・フセイン大統領を支持する人々が「サダム・ビーチ」という名前に変えた海岸の村がある。

    2018年のモンスーン時には、例年にない集中豪雨に見舞われ洪水のほか土砂災害が多数発生。州内で324人以上の死者を出したほか、31万人以上が避難を余儀なくされた[6]。

    ^ Faces of Goa: a journey through the history and cultural revolution of Goa and other communities influenced by the Portuguese By Karin Larsen (Page 392) ^ Striving for sustainability, environmental stress and democratic initiatives in Kerala(Page 79) ISBN 81-8069-294-9; Author:Srikumar Chattopadhyay, Richard W. Franke; Year:2006. ^ Ma Huan: Ying Yai Sheng Lan, The Overall Survey of the Ocean's Shores, translated by J.V.G. Mills, 1970 Hakluyt Society, reprint 1997 White Lotus Press. ISBN 974-8496-78-3 ^ Death of Vasco Da Gama in Kochi. MSN Encarta Encyclopedia. Archived from the original on 2009-11-01. Retrieved 2006-05-23. ^ Ancient Trade in Thiruvananthapuram". Facts You Never Knew about India. University of Stanford. Retrieved 17 October 2006. ^ “インド洪水、死者324人に 「過去100年で最悪」 31万人避難”. AFP (2018年8月18日). 2018年8月18日閲覧。
    もっと読む

どこの近くで寝れますか ケララ州 ?

Booking.com
524.123 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 217 今日の訪問.