のコンテキスト グジャラート州

グジャラート州(グジャラートしゅう、グジャラート語: ગુજરાત、英語:英語: Gujarat)は、インドの北西部にある州の一つ。またこの地方の歴史的名称でもある。州の面積は196,024平方キロメートル(75,755平方マイル)で1,600キロメートルの海岸線を有する。6,000万を超える人口はそのほとんどがカーティヤーワール半島に居住している。

詳細について グジャラート州

Population, Area & Driving side
  • 人口 60383628
  • 領域 196024
履歴
  • 古代

    グジャラート地方は、古来から西アジアとの重要な交易地であって、インダス文明の港湾都市とされるロータルや近年発見されたドーラヴィーラなどが栄えた。

    北インドやデカン地方の諸王朝の間でしばしば係争地になった。1世紀には、サカ族とサータヴァーハナ朝が争った。8世紀から9世紀には、北インドを支配したプラティハーラ朝とデカン地方を支配したラーシュトラクータ朝がグジャラートの領有をめぐって争った。

    イスラームの侵攻
     
    12世紀の寺院

    10世紀にはガズナ朝のインド侵攻が始まり、1025年にはマフムードによってソームナート(英語版)のヒンドゥー寺院が破壊された。

    13世紀にはデリー・スルターン朝(ハルジー朝)のもとでムスリム(イスラーム教徒)がグジャラートを征服。

    1407年にムザッファル・シャー1世がデリー・スルターン朝(トゥグルク朝)から自立して、グジャラート・スルターン朝を樹立。アフマド・シャー1世の代に、アフマダーバードを首都にして栄えた。

    1509年、ディーウ沖海戦。

    1573年、アクバルによってムガル帝国に併合された。

    ...続きを読む
    古代

    グジャラート地方は、古来から西アジアとの重要な交易地であって、インダス文明の港湾都市とされるロータルや近年発見されたドーラヴィーラなどが栄えた。

    北インドやデカン地方の諸王朝の間でしばしば係争地になった。1世紀には、サカ族とサータヴァーハナ朝が争った。8世紀から9世紀には、北インドを支配したプラティハーラ朝とデカン地方を支配したラーシュトラクータ朝がグジャラートの領有をめぐって争った。

    イスラームの侵攻
     
    12世紀の寺院

    10世紀にはガズナ朝のインド侵攻が始まり、1025年にはマフムードによってソームナート(英語版)のヒンドゥー寺院が破壊された。

    13世紀にはデリー・スルターン朝(ハルジー朝)のもとでムスリム(イスラーム教徒)がグジャラートを征服。

    1407年にムザッファル・シャー1世がデリー・スルターン朝(トゥグルク朝)から自立して、グジャラート・スルターン朝を樹立。アフマド・シャー1世の代に、アフマダーバードを首都にして栄えた。

    1509年、ディーウ沖海戦。

    1573年、アクバルによってムガル帝国に併合された。

    独立後

    2002年2月27日、ゴードラー列車襲撃事件(英語版)グジャラート動乱(英語版)(2月 - 6月)。2003年、インド人民党(BJP)のen:Haren Pandyaが暗殺された。

    もっと読む

どこの近くで寝れますか グジャラート州 ?

Booking.com
482.710 総訪問数, 9.175 興味がある点, 404 保存先, 51 今日の訪問.