のコンテキスト カルナータカ州

カルナータカ州(カルナータカしゅう、カンナダ語: ಕರ್ನಾಟಕ、英: Karnataka)は、インドの南西部にある州の一つ。面積は191,791平方キロで、全インドの5.83%を占める。州都はベンガルール。

詳細について カルナータカ州

Population, Area & Driving side
  • 人口 61095297
  • 領域 191791
履歴
  •  
    en:Virupaksha Temple, Hampi
     
    ベールールのチェンナケーシャヴァ寺院(英語版)聖堂入り口のホイサラ朝様式のレリーフ

    カルナータカの歴史は、この地域で手斧(ハンド・アックス)などが発見され旧石器時代にまでさかのぼる。旧石器時代までさかのぼると、カルナータカは古代インドの有力な帝国の地でもあった。これらの帝国によって支持された哲学者や音楽的詩人などが、社会宗教的で文学的な文化活動を生み、現在まで伝えられている。新石器時代や巨石文化の遺跡[1]もこの州で見つかっている。

    また、ハラッパー遺跡で発見された金もカルナータカより持ち込まれたものであり、一般に、紀元前3000年には古代カルナータカはインダス文明との接触があったという仮説が成り立っている[2][3]。

    紀元前3世紀以前のアショーカ王のマウリヤ朝成立前は、カルナータカはナンダ朝の一部であった。その後、サータヴァーハナ朝支配の400年が続き、カルナータカの大部分が支配下に置かれた。

    ...続きを読む
     
    en:Virupaksha Temple, Hampi
     
    ベールールのチェンナケーシャヴァ寺院(英語版)聖堂入り口のホイサラ朝様式のレリーフ

    カルナータカの歴史は、この地域で手斧(ハンド・アックス)などが発見され旧石器時代にまでさかのぼる。旧石器時代までさかのぼると、カルナータカは古代インドの有力な帝国の地でもあった。これらの帝国によって支持された哲学者や音楽的詩人などが、社会宗教的で文学的な文化活動を生み、現在まで伝えられている。新石器時代や巨石文化の遺跡[1]もこの州で見つかっている。

    また、ハラッパー遺跡で発見された金もカルナータカより持ち込まれたものであり、一般に、紀元前3000年には古代カルナータカはインダス文明との接触があったという仮説が成り立っている[2][3]。

    紀元前3世紀以前のアショーカ王のマウリヤ朝成立前は、カルナータカはナンダ朝の一部であった。その後、サータヴァーハナ朝支配の400年が続き、カルナータカの大部分が支配下に置かれた。

    サータヴァーハナ朝が没落し、カダンバ朝(英語版)西ガンガ朝(英語版)という初期の地元の独立王朝が成立した。345年にマユーラシャルマ(英語版)王が即位してカダンバ朝が成立し、バナヴァシ(英語版)に都を置いた。これらは政事でカンナダ語を使用する初めての王朝であり、バナヴァシで発見された5世紀の銅貨に刻まれたハルミディ刻印で証明された[4][5]。

    その後、さらに前期チャールキヤ朝、ラーシュトラクータ朝や後期チャールキヤ朝のようなカンナダ語の王朝が現在のカルナータカの地で歓迎され、デカン高原の大部分の支配を続け、カルナータカに首都をおいた。後期チャールキヤ朝は独特の西チャールキヤ様式建築や、カンナダ文学を生み、12世紀のホイサラ芸術の礎となった。

    11世紀になり、ホイサラ朝がこの地域の実権を握り、ホイサラ文学が栄える。カンナダ拍子やホイサラ様式建築が栄えた。ホイサラ朝の拡大は、現在のアーンドラ・プラデーシュ州やタミル・ナードゥ州まで及んだ。

    14世紀初頭には、ハリハラとブッカの兄弟がカルナータカ州南部、トゥンガバドラー川南岸のヴィジャヤナガルを首都に、ヴィジャヤナガル王国をに建国した。この王朝は進出するイスラーム王朝バフマニー朝に対する砦として、この地域を3世紀にわたり支配した。

    1565年、カルナータカと他の南インド地域は、ターリコータの戦いでヴィジャヤナガル王国が没落しデカン・スルターン朝が興隆することで、大きな社会地理的な変化が起こった[6]。ビーダルのバフマニー朝の後興ったビジャープル王国がカルナータカ地方を支配した。

    17世紀末、その後ビジャープル朝はムガル帝国によって滅ぼされた。[7][8]バフマニー朝とビジャープル王国はともに、ウルドゥー語とペルシャ語文学や、インド・サラセン洋式建築を推奨し、その中でもゴール・グンバズ廟はその様式の極みとなっている[9]。

     
    ティプー・スルターン。マイソール戦争でイギリスの侵略に抵抗し、植民地となる前のインドで最も聡明で強い支配者の一人である。

    この時代の後、北部カルナータカはイギリスといち早く友好関係を結び、その隷下となったハイダラーバードのニザーム王国の支配下となる。南部では、ヴィジャヤナガル王国の元属国であったマイソール王国が独立しつつあった[10]。

    マイソール王国の将軍であったハイダル・アリーは、君主クリシュナ・ラージャ2世から実権を奪い、王国を支配下に置いた。ハイダル・アリーの死後、マイソール王国は彼の息子ティプー・スルターンに引き継がれた[11]。

    ハイダル・アリーとティプー・スルターンは南インドのヨーロッパ勢力拡大を止めるため、またイギリスのインド植民地化政策に反対し、彼ら二人はマイソール戦争として徹底的に戦った。結果としてティプー・スルターンも白兵戦で戦死し敗れ、この地域は1799年にイギリスの植民地と化した[12]。マイソール王国はイギリス領インド帝国のもと、藩王国としてオデヤ朝の管理下に戻され、存続を許された。

    その後、当時のインド総督であったダルハウジー伯爵ジェイムズ・ラムゼイによる「失権の原理」がインド国中で藩王国の異議と反抗を呼び、1857年のインド大反乱の約30年前の1830年に、カルナータカでも反旗が上がった。また、スパ、バガルコート、ショーラープル、ナルグンド、ダンデーリなどでも同様の蜂起が起こった。1857年のインド大反乱とあわせて、いくつかの蜂起が起こった。19世紀末までには、インド解放運動には勢いがつき、20世紀に突入していくこととなった[13]。

    インド独立後、マイソール藩王家はインドへの編入に同意し、1950年にはマイソール藩王国は同名の州となった。元藩王は1956年までラージ・プラムクの称号で州知事を勤めた。

    1956年11月1日に国家再編法によってこの地域の州が統合され、マイソール州が成立し、現在の州域が確定した。

    その後、悲願であったカルナータカ再統合運動を受け、1956年の国家再編法により、マドラス、ハイダラーバード、ボンベイのコダグ語、カンナダ語を話す地域をマイソール州に編入し、17年後の1973年に州名をカルナータカ州と改称した[14]。

    ^ ブラフマギリなどが好例として挙げられる。 ^ S. Ranganathan. “THE Golden Heritage of Karnataka”. Online webpage of the Department of Metallurgy. Indian Institute of Science, Bangalore. 2007年6月7日閲覧。 ^ “Trade”. The British Museum. 2007年5月6日閲覧。 ^ From the Halmidi inscription (Ramesh 1984, pp. 10–11) ^ Kamath (2001), p10 ^ Kamath (2001), pp. 190-191 ^ Kamath (2001), p201 ^ Kamath (2001), p202 ^ Kamath (2001), p207 ^ Kamath (2001), p171 ^ Kamath (2001), p171, p173, p174, p204 ^ Kamath (2001), pp. 231–234 ^ Suryanath Kamath. “The rising in the south”. Online Edition of The Deccan Herald, dated 2007-05-20. The Printers (Mysore) Private Limited. 2007年7月20日閲覧。 ^ Prem Paul Ninan. “History in the making”. Online Edition of The Deccan Herald, dated 2005-11-01. 2007年7月24日閲覧。
    もっと読む

どこの近くで寝れますか カルナータカ州 ?

Booking.com
535.981 総訪問数, 9.233 興味がある点, 405 保存先, 58 今日の訪問.