Trafalgar Square

( トラファルガー広場 )

トラファルガー広場(トラファルガーひろば、Trafalgar Square)は、イギリス・ロンドンのウェストミンスターにある広場である。この広場はアイルランド強圧法に起因した1887年の血の日曜日事件、2008年のイラク反戦デモ、気候変動抑制運動、核軍縮キャンペーンのオルダーマストン・マーチなど、政治演説の場として選ばれてきた歴史があり、現在も週末には何らかの集会が行われていることが多い。

1805年のトラファルガーの海戦における勝利を記念して造られた。当初は「ウィリアム4世広場」という名前だったが、建築家のGeorge Ledwell Taylorの提案によってトラファルガー広場となった。トラファルガーの名は海戦があったスペインのトラファルガル岬に由来する[1]が、元々はスペインに進出したアラビア人がタアリフ・アルガル(洞窟の岬)とアラビア語で呼んでいた。

この広場は、エドワード1世の時代には王家の厩であった。1820年代、ジョージ4世が建築家のジョン・ナッシュにこの地域の再開発を依頼。現在の形になったのは1845年である。

^ 中村久司『観光コースでないロンドン イギリス2000年の歴史を歩く』高文研、2014年、150頁。ISBN 978-4-87498-548-9。 
写真提供者:
Statistics: Position
6375
Statistics: Rank
11341

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
572138469このシーケンスをクリックまたはタップします: 3228
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか トラファルガー広場 ?

Booking.com
543.271 総訪問数, 9.237 興味がある点, 405 保存先, 388 今日の訪問.