のコンテキスト アケメネス朝

アケメネス朝
haxāmanišiya

アケメネス朝の最大版図

アケメネス朝(古代ペルシア語: ???????????????????????????? Haxāmaniš ハカーマニシュ、古代ギリシア語: Ἀχαιμένης アカイメネース)は、古代オリエントのペルシアに存在した王朝・帝国・遊牧国家。アケメネス朝ペルシアまたは単にペルシア帝国とも呼ばれる。インド・ヨーロッパ語族の民族であるペルシア人が建設し、4王国(メディア、リュディア、新バビロニア、エジプト第26王朝)に分立していた古代オリエント世界を統一した。ダレイオス1世の時代には、エーゲ海沿岸からインダス川流域に及ぶ広大な世界帝国となったものの、紀元前330年にマケドニアのアレクサンドロス大王の遠征軍によって滅ぼされた。

どこの近くで寝れますか アケメネス朝 ?

Booking.com
522.639 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 146 今日の訪問.