ヴェネト州

This Photo was taken by Andrea Bertozzi. Feel free to use my photos, but please mention me as th - CC BY-SA 4.0 This Photo was taken by Andrea Bertozzi. Feel free to use my photos, but please mention me as th - CC BY-SA 4.0 Original uploader was Seval at it.wikipedia. The original uploader was Attilios at English Wikipedia - CC BY-SA 3.0 Youflavio - CC BY-SA 4.0 Evelyne Chassagneux-Bonini - CC BY-SA 4.0 Matthias Süßen - CC BY-SA 4.0 Sefabetti - CC BY-SA 4.0 Threecharlie - CC BY-SA 3.0 kallerna - CC BY-SA 4.0 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 Stefan Bauer, http://www.ferras.at - CC BY-SA 2.5 qwesy qwesy - CC BY 3.0 Sefabetti - CC BY-SA 4.0 Rino Porrovecchio from Palermo, Italy - CC BY-SA 2.0 Alberto Davide Lorenzi - CC BY-SA 4.0 Till Niermann - CC BY 3.0 No machine-readable author provided. Manfred Heyde assumed (based on copyright claims). - CC BY-SA 3.0 qwesy qwesy - CC BY 3.0 Stefan Bauer, http://www.ferras.at - CC BY-SA 2.5 This Photo was taken by Andrea Bertozzi. Feel free to use my photos, but please mention me as th - CC BY-SA 4.0 Threecharlie - CC BY-SA 3.0 Azaupa - CC BY-SA 4.0 Gabriele Dalla Porta from Cornuda, Italia - CC BY-SA 2.0 Threecharlie - CC BY-SA 3.0 User Giampaolo.Trapasso on it.wikipedia; Improved Version: User ThomasKloiber - CC BY-SA 3.0 Metallaro1980. Original uploader was Metallaro1980 at it.wikipedia - Public domain seier+seier - CC BY 2.0 Stefan Bauer, http://www.ferras.at - CC BY-SA 2.5 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 This Photo was taken by Andrea Bertozzi. Feel free to use my photos, but please mention me as th - CC BY-SA 4.0 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 Matthias Süßen - CC BY-SA 4.0 Veronika.szappanos - CC BY-SA 4.0 Stefan Bauer, http://www.ferras.at - CC BY-SA 2.5 This Photo was taken by Andrea Bertozzi. Feel free to use my photos, but please mention me as th - CC BY-SA 4.0 Maria Grazia Soldani - CC BY-SA 3.0 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 Photo by Guido Adler. Upload by Moroder - CC BY-SA 3.0 Ștefan Jurcă from Munich, Germany - CC BY 2.0 Pavel Špindler - CC BY 3.0 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 Didier Descouens - CC BY-SA 4.0 This Photo was taken by Andrea Bertozzi. Feel free to use my photos, but please mention me as th - CC BY-SA 4.0 Jean-Pol GRANDMONT - CC BY 4.0 kallerna - CC BY-SA 4.0 Rino Porrovecchio from Palermo, Italy - CC BY-SA 2.0 No images

のコンテキスト ヴェネト州

ヴェネト州
Regione Veneto

ヴェネト州(ヴェネトしゅう、イタリア語: Veneto、ヴェネト語: Vèneto、バイエルン・オーストリア語: Venezien)は、イタリア共和国北東部に位置する州。州都はヴェネツィア。

詳細について ヴェネト州

Population, Area & Driving side
  • 人口 4869830
  • 領域 18345
履歴
  • ウェネティイ族

    ヴェネト州の歴史は他の北部イタリアの州と共通している。古代にはインド・ヨーロッパ語族に属する言語を話すウェネティイ族(ヴェネト語版、イタリア語版、英語版)が居住し、ヴェネトの名はこの民族に由来する。

    ローマ帝国

    ローマ帝国の支配後、395年に東西にローマ帝国が分かれた後は、一時期ラヴェンナなどと同様、東ローマ帝国の勢力下にあった。ゴート族(東ゴート王国)やランゴバルト族(ランゴバルド王国)が流入した。

    ヴェネツィア共和国

    この地方に位置する都市ヴェネツィアは都市国家ヴェネツィア共和国として、アドリア海の海上交通を掌握した。ラグーナによって陸からの進攻から比較的安全だったこともあり中世を通じて独立を保ち、イスラム圏とヨーロッパの中継貿易により、海上国家として繁栄した。最盛期にはパドヴァやベルガモなどの内陸の都市を勢力下におくだけでなく、キプロス島、クレタ島なども領有して栄えた。

    1797年にナポレオン・ボナパルトに攻略されてヴェネツィア共和国は滅んだ。

    ロンバルド=ヴェネト王国

    ナポレオン戦争が終わり、1815年6月9日にウィーン議定書(ウィーン会議)が締結され、ベルギーの領有権と交換にオーストリア領ロンバルド=ヴェネト王国となった。

    イタリア王国

    第二次デンマーク戦争後のプロイセンとオーストリア間での領有権を巡って始まった普墺戦争へ、1866年にイタリア王国が干渉して宣戦布告した第3次イタリア独立戦争(イタリア語版、フランス語版、英語版)の初期にオーストリア=ハンガリー帝国から分離されて、イタリア王国に統合された。

    第一次世界大戦中にはイタリア戦線の最前線となり、カポレットの戦いとピアーヴェ川の戦いでピアーヴェ川一帯は最激戦地となった。

    ...続きを読む
    ウェネティイ族

    ヴェネト州の歴史は他の北部イタリアの州と共通している。古代にはインド・ヨーロッパ語族に属する言語を話すウェネティイ族(ヴェネト語版、イタリア語版、英語版)が居住し、ヴェネトの名はこの民族に由来する。

    ローマ帝国

    ローマ帝国の支配後、395年に東西にローマ帝国が分かれた後は、一時期ラヴェンナなどと同様、東ローマ帝国の勢力下にあった。ゴート族(東ゴート王国)やランゴバルト族(ランゴバルド王国)が流入した。

    ヴェネツィア共和国

    この地方に位置する都市ヴェネツィアは都市国家ヴェネツィア共和国として、アドリア海の海上交通を掌握した。ラグーナによって陸からの進攻から比較的安全だったこともあり中世を通じて独立を保ち、イスラム圏とヨーロッパの中継貿易により、海上国家として繁栄した。最盛期にはパドヴァやベルガモなどの内陸の都市を勢力下におくだけでなく、キプロス島、クレタ島なども領有して栄えた。

    1797年にナポレオン・ボナパルトに攻略されてヴェネツィア共和国は滅んだ。

    ロンバルド=ヴェネト王国

    ナポレオン戦争が終わり、1815年6月9日にウィーン議定書(ウィーン会議)が締結され、ベルギーの領有権と交換にオーストリア領ロンバルド=ヴェネト王国となった。

    イタリア王国

    第二次デンマーク戦争後のプロイセンとオーストリア間での領有権を巡って始まった普墺戦争へ、1866年にイタリア王国が干渉して宣戦布告した第3次イタリア独立戦争(イタリア語版、フランス語版、英語版)の初期にオーストリア=ハンガリー帝国から分離されて、イタリア王国に統合された。

    第一次世界大戦中にはイタリア戦線の最前線となり、カポレットの戦いとピアーヴェ川の戦いでピアーヴェ川一帯は最激戦地となった。

    現代

    ヴェネツィアを訪れる外国人観光客が多いため、イタリアの経済・財政を支える豊かな地域である。その分、州からの税収が中央政府を通じて貧しいイタリア南部に流れているとの不満が強い。このため北部同盟の呼び掛けにより2017年10月22日、西隣のロンバルディア州とともに自治権拡大を問う住民投票が実施された。約6割の投票率で、自治権拡大への賛成が9割を超えた[1]。

    ^ イタリア北部2州で住民投票、自治権拡大に9割超賛成『日本経済新聞』朝刊2017年10月24日
    もっと読む

どこの近くで寝れますか ヴェネト州 ?

Booking.com
519.957 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 961 今日の訪問.