ダロル火山

ダロル火山はエチオピアのエトラエール山脈の北東、アファール州ダナキル砂漠に位置するスコリア丘火山である。爆発により生じたマールと呼ばれるクレーター状の地形で、中新世に玄武岩質のマグマが堆積した塩に侵入し、その後の熱水活動により形成された。

1926年に起きた水蒸気噴火によりダロル火山が形成された。付近の塩干潟にも、いくつもの噴火クレーターの跡が点在する。火口は海抜マイナス45m~50mほどで、陸地にある火山としては世界で最も低い噴火口として知られる。

付近一帯にはいくつもの食塩泉や酸性泉が湧き、間欠泉により形成された円錐形の塩の塊がみられる。

「ダロル」はアファル人の言葉で「溶解」「崩壊」を意味する。緑色をした強酸性(pH1未満)の池のほか、酸化鉄や硫黄、塩などにより構成された、色鮮やかで荒涼とした、地球上とは思えない光景が広がっている。このため観光客に人気があり、エチオピア北部の都市メケレから3泊4日程度のツアーが出ているが、治安が悪いため武装した護衛が必須である。

噴火による硫黄の燃焼で、夜間には青い炎が広がる光景が見られる。

写真提供者:
Statistics: Position
3439
Statistics: Rank
36756

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
457213986このシーケンスをクリックまたはタップします: 4651
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか ダロル火山 ?

Booking.com
517.365 総訪問数, 9.229 興味がある点, 405 保存先, 104 今日の訪問.