Dolmen de Menga

( メンガ支石墓 )

メンガ支石墓 (スペイン語: Dolmen de Menga)は、スペイン・アンダルシア州マラガ県アンテケーラ近郊にある支石墓(ドルメン)。ビエラ支石墓と合わせてヨーロッパの先史時代を代表する巨石建造物であり、ヨーロッパ屈指の大きさを持つ巨石建造物である。

メンガ支石墓はビエラ支石墓やエル・ロメラル遺跡よりも早く発見されている。19世紀に支石墓が発掘された際、考古学者が支石墓内部で数百人分の人骨を発見した。

2016年にトルコのイスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会では、メンガ支石墓を含むアンテケーラ近郊の支石墓遺跡群が「アンテケーラのドルメン遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された[1][2]。

^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「Unesco2012」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません ^ World Heritage Centre (2016), Nominations to the World Heritage List, https://whc.unesco.org/archive/2016/whc16-40com-8B-en.pdf pp.29, 47
写真提供者:
Statistics: Position
1881
Statistics: Rank
66365

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
482593167このシーケンスをクリックまたはタップします: 4631
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか メンガ支石墓 ?

Booking.com
523.179 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 323 今日の訪問.