María Cristina Bridge

( マリア・クリスティーナ橋 )

マリア・クリスティーナ橋(バスク語: Maria Kristina zubia, スペイン語: Puente de María Cristina, 英語: María Cristina Bridge)は、スペイン・サン・セバスティアンのウルメア川下流部に架かっているアーチ橋。

ウルメア川に架かる唯一の橋としてサンタ・カタリーナ橋があったが、1893年、サン・セバスティアンの旧市街からレンフェ(スペイン国鉄)のサン・セバスティアン北駅・闘牛場・自転車競技場に向かうための木造の仮設橋が建設された[1]。しかしその後橋は崩壊して木橋の通行が禁止された。技師のホセ・エウヘニオ・リベラと建築家のフリオ・マリア・サパタの設計によって、1904年に当時としては異例の9カ月間をかけて鉄筋コンクリート造の恒常的な橋が完成[2]。1905年1月20日、聖セバスティアンの祝祭時にスペイン王室を迎えて開通式を行い、毎年夏季をサン・セバスティアンで過ごしていた王妃マリア・クリスティーナの名を譲り受けてマリア・クリスティーナ橋と命名された。

アーチ橋であり、アーチ部の間隔は30m。セーヌ川に架かるパリのアレクサンドル3世橋を模した[2]折衷主義の建築である。両サイドに2基ずつ計4基設置された全高18mの方尖塔(オベリスク)が特徴であり、それぞれの方尖塔は凝った彫刻で埋め尽くされている[1][2]。1985年に改修工事が行われている。

^ a b “BRIDGES”. San Sebastian Turismo. 2014年9月25日閲覧。 ^ a b c “María Cristina Bridge”. Euskadi.net. 2014年9月25日閲覧。

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
213974685このシーケンスをクリックまたはタップします: 9316
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか マリア・クリスティーナ橋 ?

Booking.com
524.185 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 280 今日の訪問.