Grand Central Terminal

( グランド・セントラル駅 )

グランド・セントラル駅(Grand Central Station)はアメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区にあるターミナル駅である。正式名称はグランド・セントラル・ターミナル(Grand Central Terminal)。単に「Grand Central」とも。所在地はミッドタウンのパーク・アベニューと42丁目の地点である。

“マンハッタン3大ターミナル”(ほか2つはペンシルベニア駅、ポート・オーソリティ・バスターミナル)のうち最大のものである。駅近辺の鉄道はすべて地下を通っているため、44面67線の広大なプラットホームはすべて地下にある。

メトロノース鉄道のグランド・セントラル駅は、通勤列車が多く発着するターミナル駅で、地下に29面のホームと、46の発着番線を持つ。マンハッタンを代表する歴史的建造物である。

1871年10月にニューヨーク・セントラル・アンド・ハドソン・リバー鉄道、ニューヨーク・ハーレム鉄道そしてニューヨーク・アンド・ニューヘイブン鉄道により旧駅施設(グランド・セントラル・デポ, Grand Central Depot)が完成・開業した。この駅舎はJohn B. Snookが設計し、コーネリアス・ヴァンダービルトによる融資で建設された。

初代駅舎 1880年 
初代駅舎 1880年
初代駅舎 1896年 
初代駅舎 1896年
グランド・セントラル・デポのプラットフォームと、その上を覆うトレインシェッド 1876年 
グランド・セントラル・デポのプラットフォームと、その上を覆うトレインシェッド 1876年
グランド・セントラル・デポのプラットフォームと、その上を覆うトレインシェッド 1876年 
グランド・セントラル・デポのプラットフォームと、その上を覆うトレインシェッド 1876年
トレインシェッドの北側外観。当時は地上駅だった 
トレインシェッドの北側外観。当時は地上駅だった

1899年から1900年にかけて、駅舎の大規模改装が行われた[1][2]。プラットフォームとその上のトレインシェッド以外の建物はすべて建て直され、3階建てから6階建になり、ファサードも全面的に新しいデザインとなった。この二代目駅舎の設計者は鉄道建築家のBradford Gilbertであった。この新しく改装された駅施設はグランド・セントラル・ステーション (Grand Central Station) と改名された[1][2]。

Postcard of Grand Central Station, circa 1902 
二代目駅舎 1902年頃
二代目駅舎 1900年頃の案内図 
二代目駅舎 1900年頃の案内図
建物内部のコンコース 1904年頃 
建物内部のコンコース 1904年頃

1903年にプラットフォームと車両基地を地下に移設する工事が始まり、パークアベニューの真ん中に敷かれていた線路も数キロに渡って地下化された。同時に鉄道の電化も行われた。続いて新駅舎の建設に取り掛かった。ライバルのペンシルバニア鉄道が1901年からペンシルバニア駅の駅舎の建設を進めていたため、より豪華な建物を目指していた。駅の地下化により空き地となった地上部を再開発用地として売却し、この費用にあてた。駅舎は、コンペで選ばれたReed and StemおよびWarren and Wetmoreによって設計された、古典主義風のボザール様式(アメリカン・ボザール)の建築物である。1913年2月1日、三代目の現駅舎が完成した。

プラットフォームの地下化工事 1907年 
プラットフォームの地下化工事 1907年
プラットフォームの地下化工事 1908年頃 
プラットフォームの地下化工事 1908年頃
三代目駅舎の建設工事 1912年 
三代目駅舎の建設工事 1912年
三代目駅舎 
三代目駅舎
地下のサバーバン・コンコースに続くスロープ 1910年代 
地下のサバーバン・コンコースに続くスロープ 1910年代
開業直後の駅舎内のレストラン 
開業直後の駅舎内のレストラン
パークアベニューに面した駅正面 1919年 
パークアベニューに面した駅正面 1919年
三代目駅舎のメインコンコースに降り注ぐ光 1930年代後半頃 
三代目駅舎のメインコンコースに降り注ぐ光 1930年代後半頃
三代目駅舎 1936年(連邦作家計画の一環として撮影された写真) 
三代目駅舎 1936年(連邦作家計画の一環として撮影された写真)
駅舎北側に建ったパンナムビル(現メットライフビル) 
駅舎北側に建ったパンナムビル(現メットライフビル)
パークアベニューに面した駅正面 1976年 
パークアベニューに面した駅正面 1976年

第二次世界大戦後は鉄道の利用者が減少傾向となり、多くの鉄道会社が赤字経営となった。このため不動産の有効利用が活発となった。1963年、ペンシルバニア鉄道は多くの反対を押し切り荘厳なボザール建築の旧ペンシルバニア駅舎を解体して、多目的用途の駅ビル、マディソン・スクエア・ガーデンを建設した。この出来事は歴史建造物保存の機運が高まる結果となった。ニューヨーク・セントラル鉄道も1966年にグランドセントラル駅舎を解体して高層ビルに建て替える再開発計画を発表したが、ニューヨーク市やジャクリーン・ケネディ・オナシスなどが反対し、連邦最高裁判所まで争った末に、計画は撤回された。

1991年には、長距離旅客列車の運行を担うアムトラックの列車のうち唯一グランドセントラル駅に発着していたエンパイア回廊(Empire Corridor、NYC~オルバニー~バッファロー)の列車がエンパイア接続線(Empire Connection)の開通でペンシルバニア駅に移され、それ以降はメトロノース鉄道の中近距離列車のみがこの駅から発着している。 

1998年に内装をリニューアルし、1999年8月18日には、45丁目から48丁目とパーク・アベニューまでの拡張であるグランド・セントラル・ノースが開業した。

2013年2月1日に駅舎生誕100周年を迎え、記念式典が開かれた。また併せて2014年に駅舎生誕100周年を迎える日本の東京駅と姉妹提携を結ぶことも発表された。日米両駅で姉妹提携を結ぶのは初めてである。

現在、2021年から2023年の開業を目標に、ロングアイランド鉄道の同ターミナルへの乗り入れ工事が進行中である[3][4][5]。(イースト・サイド・アクセス参照)

^ a b Roberts, Sam (2013年1月18日). “The Birth of Grand Central Terminal”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/01/20/nyregion/the-birth-of-grand-central-terminal-100-years-later.html?pagewanted=all 2015年11月8日閲覧。  ^ a b Sam Roberts (22 January 2013). Grand Central: How a Train Station Transformed America. Grand Central Publishing. ISBN 978-1-4555-2595-9. https://books.google.co.jp/books?id=DgYvB8G9higC&redir_esc=y&hl=ja  ^ Redwine, Tina (2011年7月7日). “NY1 Exclusive: East Side LIRR Terminal under Construction for 2016”. NY1. http://www.ny1.com/content/news_beats/transit/142471/ny1-exclusive--east-side-lirr-terminal-under-construction-for-2016 2011年7月8日閲覧。  ^ Donohue, Pete (2009年7月21日). “Second Avenue Subway Setback: New Hurdles Will Likely Push Phase One Completion from 2015 to 2017”. Daily News. http://articles.nydailynews.com/2009-07-21/local/17928231_1_grand-central-terminal-mta-trains 2010年1月9日閲覧。  ^ Castillo, Alfonso A. (2014年1月27日). “East Side Access completion date extended -- again”. Newsday. http://www.newsday.com/long-island/east-side-access-completion-date-extended-again-1.6889133 2014年3月5日閲覧. "The MTA's monumental East Side Access project to link the Long Island Rail Road to Grand Central Terminal could carry a price tag $2.6 billion over budget and not be completed until 2023, four years behind schedule, according to a new report." 
写真提供者:
Statistics: Position
3827
Statistics: Rank
30630

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
972648351このシーケンスをクリックまたはタップします: 7835
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか グランド・セントラル駅 ?

Booking.com
523.205 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 350 今日の訪問.