カラチャイ湖

カラチャイ湖 (カラチャジ湖、ロシア語: Карача́й 英語: Karachai,Karachaj ) は、中央ロシアの南ウラル山脈にある小さな湖。

ソビエト連邦が1951年からマヤーク核技術施設からの放射性廃棄物の投棄場所として使用していた。

マヤーク核技術施設はオジョルスクの近くにある核廃棄物貯蔵および再処理施設である(当時はチェリャビンスク-40と呼ばれていた)。現在、湖は完全に埋められており、「地表近くの恒久的で乾燥した核廃棄物貯蔵施設」として機能している。

湖の放射能は、史上最悪の原子力事故であるチェルノブイリ事故に匹敵する。

写真提供者:
Statistics: Position
9489
Statistics: Rank
1021

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
389416752このシーケンスをクリックまたはタップします: 4186
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか カラチャイ湖 ?

Booking.com
542.288 総訪問数, 9.237 興味がある点, 405 保存先, 17 今日の訪問.