ប្រាសាទបន្ទាយស្រី

( バンテアイ・スレイ )

バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教の寺院遺跡。アンコール・ワットの北東部に位置する。

バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。大部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されている。こうしたことから観光客には大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」などと賞賛されている。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれている。

967年、ラージェンドラヴァルマン王が臨席する下で着工式が行われ、息子のジャヤーヴァルマン5世の代に完成する。建立は、近くの土地を領し王師を務めていたヤジュニャヴラーハが行った。

アンコール朝の衰退に伴い忘れ去られていたが、1914年に再発見される。1923年にはフランス人のアンドレ・マルローがデヴァター像を盗み出して逮捕され、注目を集めた[1]。マルローは後にこの体験を基に小説『王道』を記している。

現在はカンボジアの安定に伴い、多くの観光客が訪れている。

^ バンテアイ・スレイ
写真提供者:
Statistics: Position
3542
Statistics: Rank
32672

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
698413527このシーケンスをクリックまたはタップします: 3876
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか バンテアイ・スレイ ?

Booking.com
524.184 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 279 今日の訪問.