Oficinas salitreras de Humberstone y Santa Laura

( ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群 )

ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群は、チリ北部にある硝石(チリ硝石)精錬所群の遺跡である。これらは2005年にユネスコの世界遺産に登録されると同時に、危機遺産にも登録された(危機遺産リストからは2019年に除去)。

グイジェルモ・ヴェンデル硝酸塩抽出会社 (The Nitrate Extraction Company Guillermo Wendell) は、1872年に当時ペルー領だったサンタ・ラウラに硝石工場群を建てた。同じ年にジェームズ・トマス・ハンバーストーン (James Thomas Humberstone) は、ペルー硝酸塩会社 (Peru Nitrate Company) を設立して、ラ・パルマに工場群を建てた。どちらの工場群も急成長し、それぞれの一帯はイギリス様式の洒落た建造物群が並ぶ賑やかな町になった。これらの地域で産出された硝石は、化学肥料の硝酸ナトリウムの原料として[1]、南北アメリカ大陸のみならず、ヨーロッパ大陸の土壌を肥沃にすることにも貢献した。一方、ペルー南端とボリビア太平洋岸におけるチリ・イギリス系企業による硝石採掘は、隣接しあうペルー・ボリビア・チリ間の資源争奪の種となり、1879年から1884年にかけて起こった太平洋戦争によりこの一帯はチリ領となった。

ラ・パルマがその地域最大の硝石生産拠点となっていたのに対し、サンタ・ラウラの生産は低調だった。そのため、1902年にはサンタ・ラウラはタマルガル硝酸塩会社 (Tamarugal Nitrate Company) の手に渡った。1913年には一時操業停止に追い込まれたが、シャンクス式抽出法 (Shanks extraction process) が導入されて生産性が向上すると再開した。

しかし、その経済モデルは世界恐慌の時期にあたる1929年に挫折した。フリッツ・ハーバーが考案し、カール・ボッシュが実用化したアンモニア合成(いわゆるハーバー・ボッシュ法)の発展が化学肥料生産につながったのが原因である。実質的に破産した両工場群は1934年にコサタン社 (COSATAN, Compañía Salitrera de Tarapacá y Antofagasta) が買い取った。コサタンは元の設立者の名を記念しラ・パルマを「サンティアゴ・ハンバーストーン事業所」 (Oficina Santiago Humberstone) と改称した。コサタンはハンバーストーンの設備を新しいものにし、競争力のある自然硝石の生産を試みた。それは成功し、1940年には最も成功している硝石工場となった。

しかし、その後急速に衰え、コサタン社は1958年に姿を消し、両工場群は1960年に打ち棄てられた。ゴーストタウンとなっていた2つの町は、1970年に国定史跡となって観光客に公開され、2005年には世界遺産に登録された。

^ “Humberstone and Santa Laura Saltpeter Works” (英語). UNESCO World Heritage Centre. 2023年5月6日閲覧。
写真提供者:
rewbs.soal - CC BY-SA 2.0
Statistics: Position
231
Statistics: Rank
280919

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
389146527このシーケンスをクリックまたはタップします: 5914
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群 ?

Booking.com
527.665 総訪問数, 9.232 興味がある点, 405 保存先, 255 今日の訪問.