エネディ山地

エネディ山地(エネディさんち)はチャド北東部の東エネディ州と西エネディ州にまたがる砂岩の山塊で、長期間にわたる侵食によって形成された。サハラ砂漠にはアイル山地、ティベスティ山地などの山塊があるが、エネディは主要な6つの山塊の1つに数えられる。独特の地形には、かつてサハラがより湿潤だった時代の名残りをとどめる生態系が育まれており、「サハラのエデンの園」という異名を持つ。侵食により生まれた多彩な地形の自然美と、そこで育まれた生態系、さらには先史時代に描かれた岩絵群が評価され、2016年にUNESCOの世界遺産リストに記載された。

2010年代時点では、一帯には約40,000人が暮らしており、主として遊牧ないし半遊牧生活を営んでいる。

英語では Ennedi Massif あるいは Ennedi Plateau と呼ばれ、日本語ではエネディ山地のほか、エネディ山塊エネディ高原エネディ台地などとも表記される。

写真提供者:
Desertman - CC BY-SA 3.0
Statistics: Position
2434
Statistics: Rank
52546

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

セキュリティー
529647831このシーケンスをクリックまたはタップします: 7797

Google street view

どこの近くで寝れますか エネディ山地 ?

Booking.com
483.374 総訪問数, 9.176 興味がある点, 404 保存先, 44 今日の訪問.