Hoàng thành Thăng Long

( タンロン遺跡 )

タンロン遺跡(タンロンいせき)、または昇龍皇城(タンロンこうじょう、ベトナム語:Hoàng Thành Thăng Long / 皇城昇龍)は、2003年からベトナムの首都のハノイで発掘された遺跡群。タンロン(昇龍)はハノイの旧称。1010年から1804年までほぼ一貫してベトナム諸王朝がここに都を置いたため、各時代の遺跡が重なっているのが特徴である。2010年8月にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

この遺跡は紅河デルタの埋立地に立地し、北の中国と南のチャンパ王国の両方からの影響を受けている紅河下流域の独特な文化およびベトナムの独立国家としての形成と発展の過程を反映している。

写真提供者:
jeka3000 - CC BY-SA 3.0
Statistics: Position
5654
Statistics: Rank
18189

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
472516398このシーケンスをクリックまたはタップします: 3116
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか タンロン遺跡 ?

Booking.com
571.952 総訪問数, 9.238 興味がある点, 405 保存先, 378 今日の訪問.