聖マリア大聖堂 (エディンバラ)

聖マリア大聖堂(せいマリアだいせいどう、英語: St Mary's Cathedral, Edinburgh (Episcopal))は、イギリス・スコットランドのエディンバラにあるスコットランド聖公会の大聖堂で、同聖公会エディンバラ教区(Diocese of Edinburgh)の主教座聖堂である。世界遺産「エディンバラ旧市街および新市街)」の一部になっている。

1689年の名誉革命後、スコットランドでは長老制が復活して聖ジャイルス大聖堂がスコットランド国教会(長老教会)に帰し、聖公会は大聖堂を失ってしまった。その後しばらくの間、その聖公会会衆として残った人々は、現在のオールド・セント・ポール教会が立つ場所の近くにある古い羊毛工場で礼拝を守っていて、この状況はそこに聖パウロ教会が臨時司教座聖堂として建てられる19世紀初頭まで続いた。

しかし、新しい大聖堂の資金集めが始っていて、ようやく1874年にジョージ・ギルバート・スコットによる設計で建設に漕ぎ着け、1879年に身廊が完成してそこで礼拝が始まった。当時、1つの大尖塔は完成していたが、1913年から1917年にかけての建設で聖堂の西に2つ尖塔が追加され、3つの尖塔が完成している。

写真提供者:
dun_deagh - CC BY-SA 2.0
Statistics: Position
2125
Statistics: Rank
58197

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

セキュリティー
452316978このシーケンスをクリックまたはタップします: 2198

Google street view

どこの近くで寝れますか 聖マリア大聖堂 (エディンバラ) ?

Booking.com
480.255 総訪問数, 9.173 興味がある点, 404 保存先, 110 今日の訪問.