Drewniane kościoły południowej Małopolski

( マウォポルスカ南部の木造聖堂群 )

マウォポルスカ南部の木造聖堂群(マウォポルスカなんぶのもくぞうせいどうぐん、ポーランド語:Drewniane kościoły południowej Małopolski)は、マウォポルスカ(Małopolskie, 小ポーランド)地方南部にあるポーランドの世界遺産である。ビナロヴァブリズネデンブノハチュフリプニツァ・ムロヴァナセンコヴァなどの各村に残っている木造聖堂が登録対象である。

中世後期に起源を持つこの地方の木造聖堂の様式は、ゴシック様式の装飾や色とりどりの細部で始まったが、木造であることから、石やレンガで出来たゴシック建築とは、構造も全体像も印象も大きく異なっている。より後の時代に建設された木造聖堂には、ロココ様式やバロック様式の装飾的影響を示しているものもある。これらの聖堂の形態は、この地方での東方典礼カトリック教会や正教会の存在に深く影響されている。いくつかの聖堂は上から見たときにギリシャ十字を形作っており、たまねぎドームを備えているが、最も興味深いのは、それらの特色が引き伸ばされた身廊や尖塔とともにローマ・カトリックの様式と組み合わさっていることである。

写真提供者:
Statistics: Position
490
Statistics: Rank
177848

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
893627415このシーケンスをクリックまたはタップします: 3331
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか マウォポルスカ南部の木造聖堂群 ?

Booking.com
520.807 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 1.893 今日の訪問.