グリトビケン

グリトビケン(スウェーデン語: Grytviken、「壷の(ような)湾」の意)は、南大西洋に浮かぶイギリスの海外領土のサウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島のうち、サウスジョージア島最大の停泊地。

地名はスウェーデンの地質学者ユハン・アンデショーンが1902年にイギリス人が遺した海獣類の脂を保存する壷を発見したことに由来する。1904年11月16日に鯨油基地として確立した。195匹の鯨の鯨油採取は驚くほどうまくいき、ゾウアザラシの油採取も始まった。最盛期には約300人の男性がここで働いていたが、その後の60年の間に徐々に鯨が取れなくなり退去した。1922年には島を訪れていたアーネスト・シャクルトンが急死し、同地に葬られた[1]。

1982年4月上旬のフォークランド紛争の際にアルゼンチン軍に占領されたが、その3週間後にイギリス海兵隊が再上陸、奪還した。

^ Maxine Snowden『北極・南極探検の歴史 極限の世界を体感する19のアクティビティ』丸善出版、2016年、130頁。ISBN 978-4-621-30068-8。 
写真提供者:
Lexaxis7 - CC BY-SA 3.0
Statistics: Position
3843
Statistics: Rank
29609

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
318564792このシーケンスをクリックまたはタップします: 5417
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか グリトビケン ?

Booking.com

近くでできること グリトビケン ?

517.378 総訪問数, 9.229 興味がある点, 405 保存先, 117 今日の訪問.