ゴーザフォス

ゴーザフォス(アイスランド語:Goðafoss。「神(神々)の滝」または「ゴジの滝」の意)は、アイスランドにおける最も壮観な滝の1つである。ゴーザ滝ともいう。アイスランドの北中央部のミーヴァトン地区、スプレィンギサンドゥル高地道路(highland road)の始まる場所に位置している。スキャゥルファンダフリョゥト川の水が、30m以上の幅で高さ12mの位置から流れ落ちている。

999年か1000年に、法官のリョーサンヴァトンのソルゲイル・ソルケルスソンがキリスト教をアイスランドの国教に定めた。 改宗した後、アルシングから帰る途中、ソルゲイルは滝の中に、彼が持っていた北欧古来の神の像を投げ入れた。ソルゲイルの物語は、アリ・ソルギルスソン(Ari Þorgilsson)の『アイスランド人の書』(Íslendingabók)に残されている。

アークレイリにある教会の窓(ステンドグラス)にはこの物語が描かれている。

写真提供者:
Arian Zwegers - CC BY 2.0
Statistics: Position
7924
Statistics: Rank
5105

コメントを追加

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

セキュリティー
169438257このシーケンスをクリックまたはタップします: 8999

Google street view

どこの近くで寝れますか ゴーザフォス ?

Booking.com
482.109 総訪問数, 9.174 興味がある点, 404 保存先, 101 今日の訪問.