カラコルムᠬᠠᠷᠠᠬᠣᠷᠣᠮ 転写:Qaraqorum)は、モンゴル高原中央部のモンゴル国首都ウランバートルから西へ230km、ウブルハンガイ県北西部のオルホン河畔に位置する都市。また、かつてのモンゴル帝国の首都であり、古都としても知られている。

カラコルムとはテュルク語・モンゴル語で「黒い砂礫」を意味する。ペルシア語資料では قراقوروم Qarā-qūrūm と表れ、漢語資料では哈剌和林、略して和林と表記される。また現代モンゴル語ではハルホリンХархорин)と表記される。

「黒い砂礫」の名前の通り、カラコルムの遺跡周辺は現在でも安山岩や玄武岩などの黒い河原石が一面に転がっており、雨水などで濡れると地面が黒っぽく見えるという。1260年に書かれたペルシア語資料『世界征服者史』によれば、カラコルムの名前の由来は都市の近くにある「カラコルム山」という黒色の石材が取れる山の名前に由来していると伝えられている。

写真提供者:
Original uploader was Exsanguinator at en.wikipedia - CC BY 2.5
Frithjof Spangenberg - CC BY-SA 2.5
Statistics: Position
570
Statistics: Rank
166423

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
431856279このシーケンスをクリックまたはタップします: 4197
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか カラコルム ?

Booking.com
524.188 総訪問数, 9.230 興味がある点, 405 保存先, 283 今日の訪問.