Port-Revel

( ポートレベル操船訓練センター )

ポートレベル操船訓練センター(ポートレベルそうせんくんれんセンター)とはフランスのマンモスタンカー、コンテナ船、LNG輸送船、客船等の水先案内人を養成する訓練所である。

この訓練施設で使用される乗用船舶模型は1/25である。運河や湾や外洋が再現されている。(Sogreah)この種の施設としては世界初のものである。この訓練所は1967年にフランスのグルノーブル近郊にLaboratoire Dauphinois d'Hydraulique (現Artelia)によって設立された。

訓練コースは正式な水先案内人によって指導される。1967年以来、世界中から6500人以上の水先案内人、船長、航海士が訓練を行った。フランス人、欧州人、オーストラリア人、ブラジル人、北アメリカ人の水先案内人の90%近くがこの訓練所の生徒だった。

有人の船舶模型訓練は現在、国際海事機関の2005年12月の Resolution A 960 (23)によって推奨されている。

施設はJohn McPheeによる The Atlantic Monthlyの記事に掲載され、同様に彼の著書であるUncommon Carriersで出版された。

訓練所の起源は50年代にさかのぼる、ポートレベルの親会社であるSogreahは模型船舶を使用して操船の実習を行っていた。

1960年代末にタンカーの操船の必要性によりエッソが設立した。1967年から1970年にSogreahによって設立された。

写真提供者:
Artreve at English Wikipedia - Public domain
Artreve at English Wikipedia - Public domain
Statistics: Position
5847
Statistics: Rank
14294

コメントを追加

CAPTCHA
セキュリティー
519834726このシーケンスをクリックまたはタップします: 5517
この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。

Google street view

どこの近くで寝れますか ポートレベル操船訓練センター ?

Booking.com
573.928 総訪問数, 9.238 興味がある点, 405 保存先, 466 今日の訪問.